DVD『思秋期』タオル講評:いたいたしい現実の中にある救い

これは、いたいたしい実相を、それから視線を背けたりごまかしたりすることなしにもっぱら描いた作品です。そのようなビデオというと、去年拝見したナタリー・ポートマン主演「水曜日のエミリア」を思いだす。そちらは漠然と救いがないまま終わってしまい、拝見によってパワーが奪われたようでドッと疲れ、「あぁ今後は純粋に見どころとして喜べる作品しか眺めるまい」と思わせられた。

しかし一方読み物作品では、キャラクターの生傷の痛々しさをにらめっこしながらも、そのような故障を有するヒト同士の伝達によって自然とお互いの故障が癒されて行くのだと捉えさせられ、一筋の光を見、救われた感覚になった。

ジョセフの親友の小児の「パパの暮らしだから仕方ないわ。誰にも助けられないの。」という台詞、家屋に逃げてきたハンナにジョセフがいう「俺も自分のため精一杯です。他人とは暮らせない。あんたを助けられない」という(ような)台詞。わたしにはこういう二つが接続してなぜか状態に留まる。しかし、ただ見放すだけでなく、「その人の暮らしの厄介は究極にはその人しか突破できない。それはその通り。それでも、望める部分では支えあって行こうよ。」という言明をこういう作品から得た気がする。キレイモ 全身脱毛